• ホーム
  • 1日2回の経口服用で治る!しかも、バルトレックスには副作用が少ない!

1日2回の経口服用で治る!しかも、バルトレックスには副作用が少ない!

2020年06月14日
ウィルス

バルトレックスは、高い効果を発揮する一方で副作用がとても少ないという魅力が存在します。しかも、与えられた用量が病状によってわかりやすいので、使いやすいメリットもあります。

例えば、ヘルペスには症状が重くなりやすいと考えられている帯状疱疹というものがあります。一般的に、バルトレックスは500mg錠が1箱あたりにいくつか入っているのですが、帯状疱疹は1日で1000mgを服用していけば治療できます。つまり、1日2回の服用を継続すればそれで高い効果を発揮できます。

また、他のヘルペスに対してはもっと効率的に効果を発揮できる可能性もあります。仮に、口唇ヘルペスであった場合には500mgのバルトレックスを服用するのが最適です。これを、5日分で継続して服用していくことによって効果を体感できます。症状が軽い場合には、5日間で継続投与しなくてもそれよりも短い期間で治療できる可能性も存在します。症状が重い場合は、10日間分を使わなくてはいけないので2箱を準備して治療を行っていく必要があります。

性器ヘルペスは少しだけ特殊で、症状によってどういった方法で使うのかを考える必要があります。初めてヘルペスに感染して性器に症状がでた場合には、口唇ヘルペスと同様の考えで使っていって構いません。ただ、再発予防の場合は1日1回の服用を数ヶ月行っていく必要があります。これを、自覚症状がなくなる段階までやっていくことで、再発リスクを最小限にできます。

バルトレックスは、ウイルスの働きを抑制する強力な医薬品ですが、副作用が小さく人体への悪影響はほとんどの患者ででてきません。頭痛や眠気などといった神経に関連する症状が目立ちますが、こういった症状も一時的なものです。

一時的な副作用で済むのは、バルトレックスの有効成分が血中に浸透して血中濃度を高める働きが存在するからです。血中に浸透された有効成分の濃度は、その濃度が薄れることによって自然と効果が薄れていきます。つまり、血中濃度が高まっているときだけ副作用が生じることになり、時間が経って薄れていけば自然と有効成分の影響もなくなっていきます。そのため、時間が経つとこれらの副作用は自然と回復します。

持病を有している人は、バルトレックスを服用することでどういった影響があるのかを事前に病院で相談しておくのも大切です。特に、肝臓や腎臓に問題がある人は他の人にはない副作用がでる可能性もあるため注意が必要です。