色々な薬のケース

バルトレックスは、有効成分であるバラシクロビルの働きでヘルペスウイルスに高い効果を発揮する医薬品です。このヘルペスには、口唇ヘルペスだけではなく性器ヘルペスも含まれており、効率的に症状を改善できます。

バルトレックスの効果は非常に高く、初めて単純ヘルペスの病状を発症した人に対しては約90%の有効性を発揮しています。性器ヘルペスへの再発予防に対しても、約70%の効果を発揮していますので有効活用できます。特に、性器ヘルペスへの効果については数ヶ月にわたって臨床試験を行ったデータも存在しますので、医学的な確実性も存在します。

有効成分であるバラシクロビルは、ヘルペスの活動を抑える効果があります。ヘルペスウイルスは、体内に侵入するとDNAポリメラーゼという酵素を利用しながら増殖していきます。バラシクロビルは、ウイルスのこのDNAポリメラーゼに働きかけて作用を阻害する性質があります。そのため、ウイルスは満足な増殖を行うことができなくなり、結果的に駆逐できるようになります。

さらにメリットがあるのは、こういった効果は人間の健康的な細胞にはほとんど及ばないという点です。実際に、人間の細胞にもDNAポリメラーゼは存在するのですが、バラシクロビルはウイルスのものだけに攻撃を仕掛ける性質があるため、元からある人間の細胞を傷つけません。ですから、副作用が生じにくく安心して使えるメリットが存在します。

医薬品としては、他のヘルペス治療薬よりも使いやすいという魅力も存在します。バルトレックスは、体内に入ると腸で吸収されますが、この部分での吸収率が他の医薬品よりも高い傾向があります。そのため、症状によっては短期間で治療できる可能性も存在します。

性器ヘルペスに関しては、症状を抑えたからといってそれで終わるわけではありません。必ず再発リスクが存在しますので、そのリスクを抑えながら生活をするように心がけないと何度も発症してしまいます。この点も、バルトレックスを服用すればこういった再発リスクも可能な限り抑えられます。バルトレックスを継続的に服用することで、再発抑制のリスクを徐々に減らす再発抑制療法というものがあるからです。

ヘルペスウイルスによる症状であるのならば、とても広範囲に効果を発揮するのがバルトレックスの魅力です。入手方法も、病院や個人輸入を使った方法がありますので初めて利用しようと考えている人でも問題ありません。